So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

さらば相棒!よろしく相棒! [バイク]

2年8カ月ぶりの更新。
ご無沙汰してました。

早速ですが本日相棒が変わりました

CBR650F(2017年モデル)です[exclamation×2]
01fb18ff5622983ec657ad3ba46653beaac77ceab5.jpg01f9608c9f0a14059556ce1ec981f21aad24308834.jpg

2014年にCBR650Fが初登場したものの、
トリコロールカラーにこだわっていた為に購入を延期。
翌年特別カラーとしてトリコロールカラーが数量限定で発売されるも
情報入手が遅く売り切れ。
そのままトリコロールカラーの興味も薄れてしまった。

そして、2017年。
ちょうどCB400SBが2回目の車検の年にCBR650Fがモデルチェンジであった為、
ここぞと乗り換えを決断。

今回の車両はこれから長らく付き合っていきたいという思いもあり、
快適なバイクライフを求めてETCとグリップヒーターもオプションで装着。

更なるカスタマイズでエンジンガード・スライダー・キャリアステーを装着予定で
すでに楽天市場で注文済みも日本ではマイナー車の為、
輸入対応で1~2ヵ月待ちというところ。待ち遠しい[exclamation]

一方、初バイクとして一緒に思い出を刻んできたCB400SBは下取りしてもらった。

最終走行距離は22,482km。
最後の2年間はあまり走行距離は伸びなかったけどたくさんの地を訪れたな。

趣味と言える趣味のなかった自分に楽しみをくれたCB400SBには感謝でいっぱいだ。

最初で最後の相棒のツーショット
010a7af58d692b2462fb21b9200787fc1c8e4b54a3_00001.jpg

相棒との別れは寂しいけども新しい相棒と共にバイクライフSeason2に突入[exclamation]
よろしくな[exclamation]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【インプレ】デイトナ675を試乗してきた [バイク(インプレ)]

次の愛車にCBR650Fが一番の候補ってことで、
その他のミドルクラスも知っておきたい。
そこで、CBR650Fを試乗した足でトライアンフ デイトナ675の試乗もしてきた。
2014_Daytona675.jpg

外車に乗るのは初めて、ドキドキものだ。
スーパースポーツのジャンルはCBR1000RR(SC57逆輸入車)をレンタルで
乗っただけなのでスーパースポーツ初心者とししてインプレを紹介してみる。
IMG_1667.JPG

【デザイン】
SSということもあり、ものすごくカッコ良く洗練されたデザインだ。
2013-Triumph-Daytona-675.jpg

何よりカッコいいのはメーターだ。
見やすいアナログタコメーターにデジタルスピードメーター。
便利なシフトインジゲーターに瞬間燃費表示。
そして強烈にカッコいいのは設定した回転数に合わせて点灯するブルーのLED。
このメーター魅力的すぎる[ぴかぴか(新しい)]

マフラーのデザインはちょっとカッコ悪い。
海外モデルだとショートマフラーですごくカッコ良いのに[バッド(下向き矢印)]

【ポジションと足つき】
ポジションは腰の位置が高く、ハンドルの垂角も大きいのでかなり前傾姿勢がツライ。
CBR1000RRの時は一日乗っていれば慣れてきたのに、デイトナ675については
どうにも慣れず、腕に体重をかけてしまい筋肉痛で体の疲労が取れない。

また、足つきも身長173cmの自分では両足で立つ際、少しカカトが浮いてしまう。

【エンジンとフィーリング】
軽やかにスピードが出るというよりは、力強く前に押し出される感じだった。
車体がコンパクトで軽いいし、試乗コースが長い直線もあり爽快な走りだった。

【サウンド、その他】
初めての三気筒だがすごく気持ちの良いサウンドで虜になってしまいそうだ。
二気筒だと耕運機のようだが、四気筒だとモーター音の様になる。
その間の三気筒は絶妙なサウンドを奏でてくれる。

【総合評価】
すごく良い走りをしてくれるしカッコの良いバイク。
ただ、ツライポジションは街乗りとツーリングをメインにする自分にとっては
あまりに厳しいものがある。
2台持ちやバーハンドルに変更するとかであれば大丈夫とは思うけども・・・。

いずれにしても、自分の乗り方には現実的ではないといった感想。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

【インプレ】CBR650Fを試乗してみた [バイク(インプレ)]

せっかくの天気の良い休日ですが先週、島根まで一泊でロングツーリングに
行ってきたので今週は次の愛車を決めるべく、気になるバイクの試乗をしてきた。

pic-main.jpg

今回はホンダドリームでCBR650Fを試乗した。
一番気になっているバイクだ。

ヨーロッパモデルのCBR600Fの時から注目していて、
今年4月にCBR650Fとして国内デビュー。
一度はその時点で購入を考えたが、カラーが納得できなくて来年モデルの
カラーを見てから決断しようと購入延期をさせているバイクだ。

ブログや某掲示板で情報、そして現在の愛車CB400SBと
比べたインプレを紹介してみる。

IMG_1665.JPG

【デザイン】
これはすごく自分の好みで、シャープな一眼がすごくカッコイイ[exclamation×2]

【ポジションと足つき】
今までCB400SBのとても楽なポジションになれているため、セパハンは
結構前傾視線に感じる。
しかし、ニーグリップしやすいし、お尻を少しシート後ろ側にズラすと適度な
シート幅になるのでお尻は痛くなりにくそう、慣れればコチラのが良さそう。

【エンジンとフィーリング】
これは想像以上に力強さを感じるパワフルなエンジン。
CBR600Fとは異なり、低・中回転域を重視した新設計エンジンということで
パワーも低下していて、大人しいエンジンだと思っていた。

しかし、実際に乗ってみるとスロットルを回すとすぐにレスポンスしてくれて、
キビキビ走ることが出来るエンジンだ。
もちろん試乗なので、高速道路は走っていないので高速巡航での乗り心地は分からない。

【サウンド、その他】
ショートマフラーであまり、社外マフラーのバリエーションはないが、
ノーマルでも力強いサウンドで好印象。

それと某掲示板でよく話題に出ているマフラー付近の排気熱は全く感じない。
試乗程度ではそんなもんなのかもしれないが15~20分では全く熱くなりそうになかった。
振動については噂通りで四気筒のわりに手足にけっこう振動感じた。

【総合評価】
色々な情報を仕入れる度に心配事が増えていたが、実際に乗ってみると、
パワフルでキビキビと走ってくれるので申し分のない乗り心地。
ぜひ次の愛車にしたいと思った。

不満としては、チープな珍デジタルメーター。
カッコ悪いし見にくいし、なんとかタコメーターはアナログにして欲しい。
それに全てデジタルにするぐらいならシフトインジゲーターぐらいつけて欲しい。

あとは来年モデルのカラーとスライダーやキャリアなどの社外パーツ次第。
まだ一度もすれ違ったことがないほど出回ってないし、充実するのはまだまだ先かなぁ?







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

今日(8/19)はバイクの日 [バイク]

今日は8/19でバイクの日です。
ってことで、一番のお気に入りの写真をUPです。

バイクの日.jpg
↑2013/8/12 鯖街道熊川宿にて

負けたわ HYOD 2014年 春・夏モデル購入 [バイク]

当方、4月生まれなものでHYOD大阪から誕生日月の10%割引のハガキが
来ていたので、GWのツーリングに向けて膝のプロテクターとベルトを
買おうとHYOD大阪まで行ってきた。

家からHYOD大阪までは1時間かかるので、お目当ての
プロテクター以外のアイテムも物色。

しかし、これが間違いだった。
商品を見れば見るほど欲しいものが、次から次へと出てくる。

最終的にもともと買うつもりだったニープロテクターは生産待ち、ベルトは入荷待ちだったのに
プロテクター入りのパーカーとカジュアルシャツ、デニムの3点を買ってしまい10%割引を
使っても合計5万円以上の買い物になってしまった。

013af899cc0b928bf48097ef925d6dd548a02162af.jpg
0176ec05cee6dc34ea84929bec94065c30ce07441f.jpg
01e1882df403e409598cb31ff712ee094913a18f55.jpg

プロテクターとベルトで1万円払ってもお釣りが返ってくる予定だったのに、とんだ出費だ。

しかしまぁ、普段着用に買うアパレルメーカーがユニクロだけになって
お金がかからなくなったし、まぁいっか。
01e89ce78a8bf01c92da82dd03e924995314f33b46.jpg

CBR650F・CB650F 発売発表!! [バイク]

pic-main.jpg
HONDA公式HPのCBR650F・CB650Fのページへはこちらをクリック

4/18(金)についに待ちに待ったCBR650Fの発売の発表がありました。

内容は事前に聞いていた通りで、スペックを新たに知ることが出来た感じ。

パワーは83馬力で海外モデルと比べて大幅にダウンはしていないので安心。
CBR600Fに比べるとだいぶ控えめにはなっているけども・・・。

やはり残念なことにカラーにトリコロールはなかった。

発表された3色のカラーの中ではパールグレアホワイトが一番好み。
でも、一番人気はパールグレアホワイトだろうから、すれ違うCB650Fは
ほとんど同じな気がして少し面白くない気がする。

次は長い間乗り続けるバイクをと思っているので、妥協せずに
きっと来るであろう(?)限定受注カラーの発表を待つことに。

CB400シリーズの限定カラーは12~2月頃の発表が多かったので
その時期まで待てば何か動きがあるんじゃないかとあてもないけど待とうと思う。

気に入ったカラーの発売まで待っている間に、エンジンガードやキャリアなど
いろいろとアイテムも揃ってくるだろうし、
他の車種で気に入ったのが出ればそちらにしてもいいかなとか考えています。

本当はすぐにでも欲しかったけども、今の乗っているCB400SBと
もっと思い出作っておこうかな。

ちなみに明日は友人と伏見稲荷と琵琶湖まで走ってきます。

CBR650Fの見積り(仮)をしてきた [バイク]

いつもお世話になっているバイク屋から次の相棒として検討しているCBR650Fの
最新情報が入ったと連絡を受け、早速話を聞きに行ってきた。
cbr650f-white.jpg

先週3/22(土)の大阪モーターサイクルショーでホンダ社員に聞いた情報では
価格は税込みで100万円を切るぐらい。

カラーは展示されているホワイトの他にいくつかのラインナップ。

スペックについては公表出来ないようで、国内仕様は海外仕様よりも
パワーを落としているとだけ聞いた。


そして、今回の最新情報では、車体価格は¥999,000(税込)。

カラーリングに関しては、ホワイト・レッド・ブラックの3種類でのラインナップ。

CB650Fについてはあまり関心がないのでうる覚えだが、7万円ほど安く、
カラーリングはブルーともう一色の2種類でのラインナップだったはず。

スペックについては公表出来ないようだが、やはり国内仕様でパワーが落ちるようだ。


正式にCBR650F・CB650Fの情報が公開されるのは4月中旬で、
その数日後に発売開始。
早ければゴールデンウィークまでに納車が間に合うとか。

自分の場合、そこまで急いでるわけでもなく現在の相棒のCB400SBが今年の
6月で3年目となり、24カ月点検とタイヤ・ブレーキパッド交換のタイミングに
なるので、その直前ぐらいに乗り換えようかと検討している。


仮で見積りをしてもらったところ、乗り出し価格は車検までのメンテナンスパックを
付けて108万円ほどになるようだ。
なお、正式な発表はまだなので見積書はもらえなかった。

ほぼ予想通りの価格なので全然問題なし。
むしろ全てABSモデルなので108万円なら良心的な価格かもしれない。


しかし、問題はカラーリングだ。

一番最初に公開された情報では下の画像の赤白のトリコロールカラーだった。
CBR650F.jpg

だが、このカラーリングは試作車用のもので、現時点では発売の予定はないそうだ。

現在の相棒であるCB400SBは赤白のカラーリングに惚れ込んでわざわざ1年型落ちの
2011年のスペシャルエディションを購入したほど。

イタリアホンダのCBR600Fも同じ様な赤白のカラーリングがあると知っていても、
国内正規販売されていないため購入に踏み切れず悩み続けていたところにCB650Fの発表。

自分はこのカラーリングに心底惚れ込んでいて、「次の相棒決まったわ。」と
思っていただけに裏切られた気持ちでいっぱいだ。

スペシャルエディションとかで+3~5万円でも文句言わないから発売してほしい!!
1年後とかでも、もちろん待つから先に発売しますよと発表してほしいところ。

うう~ 念願の車種が発売というのにカラーでここまで悩むとは。
高い買い物だし、もしホワイトを買って1年も経たないうちにトリコカラーの発表が
あったとしたら、悔しくて血の涙流してしまいそうだ。




Canon PowerShot S110を購入 [日常]

現在ツーリング先で写真を撮るときは一眼レフカメラのCanon EOS KissX4か
iPhoneで写真を撮っている。

しかし、KissX4をツーリング先に持っていくとなればタンクバッグかバイクに
キャリアケースを付けなければならず、身軽に走りたい時にはどうしても邪魔。

だからと言って、iPhoneで撮るのは味気ない。

ってことで、任意でピントも合わせられるような一眼レフカメラの機能に
すこしでも近づけるようなハイエンドコンパクトデジカメが欲しいと思い、
今日、ソフマップで中古のCanon PowerShot S110を¥21,800を¥18,000に
値引きしてもらって買ってきた。
01d31e0c940d659d6d57cea7b7ac4513bf456eb1fd.jpg

現行モデルはもともと高い評価のS110をさらに改良したS120なのだけど
新品を安く買えたとして3~3.3万円。

性能はUPしているものの機能についてはほとんど追加がないとの事で、
どうせS120も来年には型落ちになるだろうし、1万円以上安いのなら
旧型でいいやと思いS110の購入に至った。

タッチパネルがなかなか便利で、バイクに跨りながらすぐにピントを指定して
写真を撮れるのがなかなかイイ。

サイズもポケットにも入るコンパクトありながら、カメラを構えた時でも
不便を感じない適度な大きさだ。

まだまだ操作に不慣れで機能をほとんど使いきれていないので勉強していきたい。

【インプレ】3D エアーメッシュシートカバー ダブル(コミネ) [バイク関連(インプレ)]

以前からツーリングで200kmを超えると蒸れと尻の痛みに悩まされていました。
そこでこの夏、ツーリングを乗り切るために秘密兵器を購入しました。

51Y8BnBlzoL__SL500_AA300_.jpg
コミネの『3D エアーメッシュシートカバー ダブル』です。

ゲルザブと悩みましたが、定価で10,000円弱、安く買えても8,000円ほどするので
もし失敗した時が心配。

一方、3D エアーメッシュシートカバー ダブルなら定価で2,100円で
失敗したとしても大して痛くない。
ちなみに自分は楽天市場で1,889円(送料込)で購入。

メッシュで通気性UP[グッド(上向き矢印)]と二重のメッシュシートでクッション性もあるはずと思いました。

【感想】
ロングツーリング1回と近場のツーリング数回の感想です。

attachment00.jpg
大きさはCB400SBのシートではちょうど良いぐらい。
オフロードバイクだと大きすぎるだろうし、ビックスクーターだと小すぎるというところでしょうか。

取り付けはマジックテープで簡単装着[るんるん]

通気性については空気の流れはイマイチ実感が湧きません。
しかし、放熱は出来ているみたいで股の蒸れはマシです。
また、日光の当たるところに駐車していても熱くならないのでその点は快適です。

クッション性についてはオマケ程度だと思っていましたが、期待以上の性能で
お尻が痛くなるまでの距離が50km程伸びました。

欠点といえば滑りやすくて、ニーグリップでタンクをしっかり挟まないと
座っている位置がずれてしまう点ぐらいでしょうか。

全体的に性能・コストパフォーマンス含めて優秀でオススメな一品です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

若狭湾ツーリング(2013.8.11~12) [ツーリング]

せっかくのお盆休み。
社会人となっては貴重な大型連休です。
前日の社内行事の相撲大会での筋肉痛を背負いながら一泊のツーリング行ってきました。

ルート.jpg
走行距離480km

~1日目~
いつも泊まりがけのツーリングの時は怪しい天気ばかりですが、今回は最高のツーリング日和[晴れ]
しかしまぁ、暑すぎる。

でも今回は暑さと尻痛対策で事前に購入しておいた秘密兵器、
【(コミネ)3D エアメッシュシートカバー ダブル】を装備。
b.jpg

今回は泊まりがけなのでちょっとゆっくりのAM[11時頃に出発。
いつもなら京都や滋賀方面へは第二京阪の下を通る国道1号線をトコトコはしるのですが、
信号待ちやスピード違反が厄介なので八尾から近畿道・名神を乗り継いで瀬田西まで。
現在2りんかんではスタンプラリーが開催されているのもあって、2りんかん草津店に立ち寄ります。

水分補給とトイレを済ませ、再出発。
琵琶湖の西側を北上していきます。

途中、マスツーのライダー達と何度かすれ違いました。
いつもならこちらからピースサインをしないと決して手を振ってくれることはありませんが、
今回は相手から振ってくれました。
思いもよらないピースサインに慌てて手を振り返す自分。

PM1時ぐらいに彦根を走っているとちょうどレストランが見えたのでランチ。
立ち寄ったのは『びわこ牧場』というハンバーグとステーキのレストランでした。
c.jpga.jpg

写真は残していないのですが、プレートランチが680円(ハンバーグ・ヒレかつ・サラダ・ライス)で
お手頃価格でなかなか美味しかったです。
200円でアイスの食べ放題をつけられます。
これでこの後のツーリングのために身体の内側から体温を下げます。

お腹を満たしたところで再出発です。
この先信号や交通量も少ないのであっという間に若狭町に到着。

このままでは宿にすぐに着いてしまうなと思っているとなにやら変わった施設が。
afde598534f3dfc872478f9653033b64.jpg

なになに、若狭三方縄文博物館とな。
あまり魅力もないのだけども、時間があり余ってしまうので立ち寄ることに。

縄文時代の文化を紹介している施設だったのだけど、案の定面白くなかった・・・。
大人500円はちょっと高い。
内容的には300円だよコレ・・・。

気を取り直して、そろそろ宿に向うが20分程度で予約していた宿『LaPru』に到着。

パッと見、普通の家なので一度は通り過ぎてしまいました。
しかし、中はとてもキレイで部屋もエアコンで冷やしてくれていたのですごく気持ち良かったです。

夕飯まで時間があるので常神半島の端の方まで走りました。
IMG_2839.JPG

常神は民宿と漁業の小さな村で素朴な感じでした。
IMG_2843.JPG
宿への帰り道、日本猿を見かけました。

e.jpg
夕食はさすが日本海側、刺身が美味しい。
この他に天ぷらとかが出てきておいしく頂きました。

こんな感じで一日目を終えました。

~2日目~
早く寝たおかげで6時頃に自然と目が覚めました。
ちょっと霧がかっていましたが、今日も天気は素晴らしい[晴れ]

朝食を済ませ、AM8時半に出発、海山側の料金所からレインボーラインを走ります。
早い時間なので道も好いてて快適です。
今回レインボーラインに来るのは3回目なのですが、山頂手前の駐車場がここまでガラガラなのは初めてです。
IMG_2859.JPG

まだ、霧が若干残っているので海が霞んで見えるのが残念なところ。
IMG_2863.JPG

霧で景色もあまり見えなさそうなので今回は山頂公園へリフト昇るのはやめてエンゼルラインに向かいます。

IMG_2870.JPG
日向側の料金所です。

IMG_2874.JPG
周りはThe 田舎道。
走っていて心地いいです[るんるん]

小浜へと走り、久須夜ヶ岳エンゼルライン。
2002年に無料開放されたドライブウェイです。
整備もされていないので道路がひび割れや落ち葉で状態が悪い。
IMG_2879.JPG

頂上ひとつ手前の駐車場だけでもこの通りガラガラ[たらーっ(汗)]
往復ですれ違った車の数も2台だけでした。

ここからは鯖街道(国道27・367号)を通って大阪を目指します。
途中、鯖街道の宿場『熊川宿』で休憩をとります。
IMG_2898.JPGIMG_2919.JPG

情緒ある街並みが実に趣深い。
IMG_2932.JPGIMG_2939.JPGIMG_2942.JPG

ここからは一気に京都まで南下し、京阪・近畿道で大阪まで帰ってきました。
帰りに2りんかん生野店に立ち寄ってスタンプ3つ目、500円分のポイントに交換してもらいました。

今回のツーリングは天候にも恵まれ、距離もちょうどよく疲れ切らずに帰ってこれました。
さぁ、次回はどこに行くかね。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | -