So-net無料ブログ作成
検索選択

映画『麒麟の翼』 [映画]

今日、1月28日から公開される映画『麒麟の翼』を試写会で
見てきました。
マガジンで応募して当たったのですが、劇場で高校時代の
後輩もいたのでびっくりでした。
75c0a743f11d1804e05b88cb5ae25c02.jpg
公式HPはコチラ

東野圭吾の作品『麒麟の翼』を映画化。
東野圭吾の作品『新参者』の刑事・加賀恭一郎が、
日本橋で起きた殺人事件の謎に挑む。

~ストーリー~
東京・日本橋で男性が殺害される事件が発生。
被害者はカネセキ金属の製造本部長、青柳武明。
彼は、腹部を刺されたまま8分間も歩き続けた後に、日本橋の翼のある麒麟像の下で力尽きていた。
なぜ、誰の助けも求めず、彼は一体どこへ向かおうとしていたのか。

一方、事件の容疑者、八島冬樹(三浦貴大)は現場から逃亡しようとしたところを
車に轢かれて意識不明の重体だった。
報せを聞いた八島の恋人、中原香織(新垣結衣)は、彼の無実を訴えるが……。

この難事件の捜査に当たるのは、日本橋署の切れ者刑事、加賀恭一郎。
やがて捜査が進むにつれて、それぞれの家族や恋人の知られざる一面が明らかになってゆく。

命が終わるその時に、青柳は誰に何を伝えようとしていたのか?愛する人に何を残そうとしたのか?
加賀は事件の裏に隠された謎を解き明かし、真実を見つけ出すことができるのか……?
                  (キネマ旬報映画データベースより引用)

~感想~
東野圭吾の作品はいつも伏線が張られていて退屈しません。
それは映画となっても同じで、「なるほどこの出来事とあの出来事は
こう繋がってくるのか。」と関心させられます。

また人情ものでもあり、終盤の話にはジーンとくるものがありました。
犯人側にも被害者側にもストーリーがあり、少し悲しくなるような話です。

邦画としては優れた映画で、上映後も周りの人は「面白かった。」とか
「見て良かったね。」という声が聞こえてきました。

1月28日から公開なのでよかったら観てみてください。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

村石太あ&コピーレディ

現代 大人気作家 東野圭吾 麒麟の翼 やはり おもしろい 最高。人それぞれ 見方 余韻が違うのかなぁ
花の大東京に憧れる二人 東京に着いた時 万歳と何度も言って 喜び合う~ 
目がまわる 現代の社会問題のオンパレード 現代社会の日本の現状 解決されない 無責任 他人の責任にする~
そういう社会の中での殺人事件 一部の場面では 浅識 説明不足 マインドコントロール?  
映画や小説は ただの娯楽なんだけれど。2時間の世界~
人材派遣業 派遣切り 職業監督所 労働規約 労災 危険な労働 労働大臣 親子関係 逆ギレ 殺人 マスコミ 
犯罪者の家族・知人・恋人 自殺 身障者  ネット 街 若者の生活 孤児 シングルマザー ~
就活 盗難 学校教育 部活 先輩 後輩 いじめ 会社内部 償い ~人生の因果の果て の殺人事件。
様々な社会問題を残したまま  解決しないまま ラストシーンとなる。
日本の将来は 大丈夫だろうか。人は皆 真実の知識と〇 〇 〇を 必要としている。
映画同好会(名前検討中
by 村石太あ&コピーレディ (2013-01-05 16:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0