So-net無料ブログ作成

【インプレ】デイトナ675を試乗してきた [バイク(インプレ)]

次の愛車にCBR650Fが一番の候補ってことで、
その他のミドルクラスも知っておきたい。
そこで、CBR650Fを試乗した足でトライアンフ デイトナ675の試乗もしてきた。
2014_Daytona675.jpg

外車に乗るのは初めて、ドキドキものだ。
スーパースポーツのジャンルはCBR1000RR(SC57逆輸入車)をレンタルで
乗っただけなのでスーパースポーツ初心者とししてインプレを紹介してみる。
IMG_1667.JPG

【デザイン】
SSということもあり、ものすごくカッコ良く洗練されたデザインだ。
2013-Triumph-Daytona-675.jpg

何よりカッコいいのはメーターだ。
見やすいアナログタコメーターにデジタルスピードメーター。
便利なシフトインジゲーターに瞬間燃費表示。
そして強烈にカッコいいのは設定した回転数に合わせて点灯するブルーのLED。
このメーター魅力的すぎる[ぴかぴか(新しい)]

マフラーのデザインはちょっとカッコ悪い。
海外モデルだとショートマフラーですごくカッコ良いのに[バッド(下向き矢印)]

【ポジションと足つき】
ポジションは腰の位置が高く、ハンドルの垂角も大きいのでかなり前傾姿勢がツライ。
CBR1000RRの時は一日乗っていれば慣れてきたのに、デイトナ675については
どうにも慣れず、腕に体重をかけてしまい筋肉痛で体の疲労が取れない。

また、足つきも身長173cmの自分では両足で立つ際、少しカカトが浮いてしまう。

【エンジンとフィーリング】
軽やかにスピードが出るというよりは、力強く前に押し出される感じだった。
車体がコンパクトで軽いいし、試乗コースが長い直線もあり爽快な走りだった。

【サウンド、その他】
初めての三気筒だがすごく気持ちの良いサウンドで虜になってしまいそうだ。
二気筒だと耕運機のようだが、四気筒だとモーター音の様になる。
その間の三気筒は絶妙なサウンドを奏でてくれる。

【総合評価】
すごく良い走りをしてくれるしカッコの良いバイク。
ただ、ツライポジションは街乗りとツーリングをメインにする自分にとっては
あまりに厳しいものがある。
2台持ちやバーハンドルに変更するとかであれば大丈夫とは思うけども・・・。

いずれにしても、自分の乗り方には現実的ではないといった感想。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。