So-net無料ブログ作成
検索選択

CBR650Fの見積り(仮)をしてきた [バイク]

いつもお世話になっているバイク屋から次の相棒として検討しているCBR650Fの
最新情報が入ったと連絡を受け、早速話を聞きに行ってきた。
cbr650f-white.jpg

先週3/22(土)の大阪モーターサイクルショーでホンダ社員に聞いた情報では
価格は税込みで100万円を切るぐらい。

カラーは展示されているホワイトの他にいくつかのラインナップ。

スペックについては公表出来ないようで、国内仕様は海外仕様よりも
パワーを落としているとだけ聞いた。


そして、今回の最新情報では、車体価格は¥999,000(税込)。

カラーリングに関しては、ホワイト・レッド・ブラックの3種類でのラインナップ。

CB650Fについてはあまり関心がないのでうる覚えだが、7万円ほど安く、
カラーリングはブルーともう一色の2種類でのラインナップだったはず。

スペックについては公表出来ないようだが、やはり国内仕様でパワーが落ちるようだ。


正式にCBR650F・CB650Fの情報が公開されるのは4月中旬で、
その数日後に発売開始。
早ければゴールデンウィークまでに納車が間に合うとか。

自分の場合、そこまで急いでるわけでもなく現在の相棒のCB400SBが今年の
6月で3年目となり、24カ月点検とタイヤ・ブレーキパッド交換のタイミングに
なるので、その直前ぐらいに乗り換えようかと検討している。


仮で見積りをしてもらったところ、乗り出し価格は車検までのメンテナンスパックを
付けて108万円ほどになるようだ。
なお、正式な発表はまだなので見積書はもらえなかった。

ほぼ予想通りの価格なので全然問題なし。
むしろ全てABSモデルなので108万円なら良心的な価格かもしれない。


しかし、問題はカラーリングだ。

一番最初に公開された情報では下の画像の赤白のトリコロールカラーだった。
CBR650F.jpg

だが、このカラーリングは試作車用のもので、現時点では発売の予定はないそうだ。

現在の相棒であるCB400SBは赤白のカラーリングに惚れ込んでわざわざ1年型落ちの
2011年のスペシャルエディションを購入したほど。

イタリアホンダのCBR600Fも同じ様な赤白のカラーリングがあると知っていても、
国内正規販売されていないため購入に踏み切れず悩み続けていたところにCB650Fの発表。

自分はこのカラーリングに心底惚れ込んでいて、「次の相棒決まったわ。」と
思っていただけに裏切られた気持ちでいっぱいだ。

スペシャルエディションとかで+3~5万円でも文句言わないから発売してほしい!!
1年後とかでも、もちろん待つから先に発売しますよと発表してほしいところ。

うう~ 念願の車種が発売というのにカラーでここまで悩むとは。
高い買い物だし、もしホワイトを買って1年も経たないうちにトリコカラーの発表が
あったとしたら、悔しくて血の涙流してしまいそうだ。




Canon PowerShot S110を購入 [日常]

現在ツーリング先で写真を撮るときは一眼レフカメラのCanon EOS KissX4か
iPhoneで写真を撮っている。

しかし、KissX4をツーリング先に持っていくとなればタンクバッグかバイクに
キャリアケースを付けなければならず、身軽に走りたい時にはどうしても邪魔。

だからと言って、iPhoneで撮るのは味気ない。

ってことで、任意でピントも合わせられるような一眼レフカメラの機能に
すこしでも近づけるようなハイエンドコンパクトデジカメが欲しいと思い、
今日、ソフマップで中古のCanon PowerShot S110を¥21,800を¥18,000に
値引きしてもらって買ってきた。
01d31e0c940d659d6d57cea7b7ac4513bf456eb1fd.jpg

現行モデルはもともと高い評価のS110をさらに改良したS120なのだけど
新品を安く買えたとして3~3.3万円。

性能はUPしているものの機能についてはほとんど追加がないとの事で、
どうせS120も来年には型落ちになるだろうし、1万円以上安いのなら
旧型でいいやと思いS110の購入に至った。

タッチパネルがなかなか便利で、バイクに跨りながらすぐにピントを指定して
写真を撮れるのがなかなかイイ。

サイズもポケットにも入るコンパクトありながら、カメラを構えた時でも
不便を感じない適度な大きさだ。

まだまだ操作に不慣れで機能をほとんど使いきれていないので勉強していきたい。